■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    プロフィール大公開!
    [#IMAGE|a0015856_19223.jpg|200406/03/56/|top|640|480#] と言うことで先日のブログで予告していたプロフィールの公開である。
    …と言っても自分のではなく、ハム様の…だが。

    名前:どんちゃん
    通称:どんちーさん(敬称略不可)
    種族:ゴールデンハムスター
    性別:♂
    年齢:約2ヶ月
    体長:約13cm
    体重:未測定
    毛色:グレー
    両親:父ハム・黒毛(故人)、母ハム・キンクマ
    好物:ひまわりの種、コーン、もやし
    性格:好奇心旺盛、大胆不敵(ハムとしては)
    特技:ハムパンチ、回し車大回転、狭穴Uターン等
    勤務時間:23:00~6:00

    と言うことで、こんなどんちーさんがウチでは一番エライのであった…。

    スポンサーサイト
    ハムスター | 19:23:00| Trackback(0)| Comments(0)
    ハムスターが社会批判?
     ここ2・3日、これまでのハムスター写真三昧と違って微妙にハードな論調の話題が混じるようになったこのブログ。不思議と政治的・社会的な話題を取り上げるようになってからアクセス数も少し増えたようである。

    そこで気になるのがやはりお気楽ハムスター写真と、シリアスなネタのギャップだ。ずぼらな性格である自分としては混じっててもいいよね、
    とも思うのだが・・・さすがに殺人がどうとか書いてある前後にラブリーハム写真が入ってるのはちょっと違うような気もする。

    そこでハードとお気楽の溝を埋め、全体の整合性を保つためにはどうすれば良いか考えてみた。

    ・・・ハムスター写真を外す訳にはいかない。
    ・・・ハードなニュースについても書きたい。
    ・・・だがこの二つはあまりマッチしない。

    ・・・なら、いっそ無理矢理に両者を混ぜてしまうとどうだろう。

    例えばこう言うのはどうだろう。「ハムスターの立場から人間社会の問題点を鋭くえぐるブログ(ハム写真付き)」。齧歯類に批判されればさすがに驕り高ぶる人類も猛省を迫られるのではないだろうか。
    うむ、なかなか良さそうな気がする。

    試しに少し書いてみよう。

    「最近の人類は殺伐としててダメでちゅ。もっと齧歯類的にラブでピースフルでないとダメでちゅ。フセインしゃんの銃を振り回して喜んでるブッシュしゃんはすごくダメでしゅ。」


    ・・・ダメだ・・・人類がどうとかブッシュがどうとか言う前に、こんな事を書いてると自分がダメになる。自分が猛省する様な内容を書いてどうするのだ。

    と言うことで抜本的解決が困難な葛藤を抱きつつ、もうしばらくは現在のハム+ニュース方式を続けようと決意するのであった。

    雑記 | 12:46:00| Trackback(0)| Comments(0)
    続・長崎の女児殺人について
     昨日から今朝の報道がどうも怪しい雲行きになってきている。
    なぜかやたら「チャット」「ネット」を強調し、チャットをしていた事が殺人の直接的な原因であるかのような表現が目立っている。
    目新しい物への反発と言う側面もあるのだろうが、凶器がカッターナイフのような文房具で学校への持込を制限出来ないぶん、「チャット」を悪者に仕立て上げて規制する方向へ持っていこうとでも言うのだろうか・・・?

    たまたま今週のブログのテーマは携帯電話であるが、携帯にしてもメールにしても、今回のチャットにしてもこれらが事件のきっかけになるとすぐ「携帯が」とか「出会い系が」とか言う勘違い発言が飛び出すのにはもう辟易するとしか言いようがない。
    チャットを危険視している連中は携帯にしてもチャットにしても、単なるコミュニケーションのツールだと言うことが分からないのだろうか?

    彼らは電話で口論したのちに殺人、となった場合に電話の危険性を声高に叫ぶのだろうか?
    文通している相手との手紙のやりとりで激高して殺傷した場合、郵政省をやり玉に挙げるのか?

    そんな馬鹿な事をするはずがない。チャットやネットについても根本的な部分は同じだと思うのだが。


     それから今回の事件でもう一点になったことがある。
    この事件のことを「女児が首を切られて死亡した事件」と表現するマスコミが多いが、殺人犯である女児の証言では数日前から殺害を計画し、凶器を用意した上で被害者を呼び出し、目隠しまでして殺害している。偶発的な事故や一時の激高=故殺ではなく、完全な計画殺人=謀殺ではないか。
    マスコミの表現ではまるで事故で首が斬れたような表現だが、それは何か違うのではないだろうか?

    と、こう言うと「非行女児への配慮」とか言う寝ぼけたようなコメントが付くかもしれないが、そもそも人の命を奪っておいて「非行」と言うのもナンセンスな話だと思うのだが。たとえ犯人が何歳であろうと、計画殺人なのであれば殺人者として裁くべきではないのか?小学生とは言え、少なくとも殺人計画を立案し、実行するだけの知力と判断力があるのだから。

     また非行からの立ち直り・・・と言うが、失われた命は戻って来るはずもない。過失ならばともなく、自らの意志で計画的に他人の命を奪った者に復帰の機会を与える必要が本当にあるのか?今回の犯人は犯行の翌日には「落ち着いた状態」に戻っているらしいが、友人を殺した翌日に落ち着いていられる様な人間が表向き更正したフリをして身近にいるとしたらぞっとする。
    目には目を、とまでは言わないが、今の日本の法律、社会通念はあまりにも被害者を置き去りにした加害者保護に走りすぎているような気がしてならない。

    今回の事件自体も不愉快な事件だが、それをとりまく環境はもっと不愉快かつ不可解だ・・・

    雑記 | 10:51:00| Trackback(0)| Comments(0)
    今日のハム写真
    [#IMAGE|a0015856_62357.jpg|200406/03/56/|top|640|480#] 今日の写真は見ての通り、「巣箱を暴いて安眠妨害!」である。
    ホントはこういうことをやっちゃ駄目なのだが、実は昨夜ハム様に安眠妨害をされたので仕返しと言うことで。(笑)
    こういう大人げない行為はしちゃだめだぞ。>よい子のみんな

    で、昨夜の状況説明。

    昨夜布団を蹴散らしながら爆睡していたところ、何故か胸元にゴソゴソする感覚を感じて目が覚めた。ゴキブリ!?と思ってゴソゴソする物体に手を伸ばすと…なんだかフワフワモコモコで暖かい&手触りがいい。
    …これは・・・ハム様…?
    寝ぼけているにもかかわらず、触っただけでピンときた。あわてて確保した後に電気をつけると、やっぱりハム様。

    そう、真夜中3時に脱走したハム様が飼い主の元にやってきて(しかも体の上に登ってきて)ゴソゴソしていたのだ。

    巣である衣装ケースのフタは開けっ放しにしているので外に出れないことは無いとは言え、今まで一度も脱走したことが無かったのでちょっと驚いた。
    しかも衣装ケースはダイニングに置いてあり、寝室とダイニングの間にはリビングがあるのに寝室までやってくるとは…
    まぁ、直接やってきた訳ではなくて、あちこち色々探索した後にたどり着いたのだろうけど。
    と言うことでせっかくハム様が来てくれたのでその後、真夜中にもかかわらずハム様としばし戯れる事になったのであった。

    ところで今回の写真は1つ前の写真と似たような構図だが、前の写真は約2週間前の写真である。うちのハム様は生後2ヶ月になるかならないかなので、2週間というと結構長い時間なのか、前の写真と見比べると少し大きく(大人に?)なっているような気がする。ちゃんと成長してるのね。

    ハムスター | 06:25:00| Trackback(0)| Comments(0)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。