■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    およばれしてきました☆
     日頃出不精で休日はごろごろしている事が多いはにゅ~るいですが、今日は珍しくおよばれで外出です。

    出かけた先は・・・先頃関西人になった(笑)dedeさん宅!(と言うか腹肉スター氏宅、と言うべき・・・?)
    お目当てはもちろんピーコちゃん、クリちゃん、ピリちゃんの美男子3ハムとの対面です。

    【ピリちゃん】
    dede01.jpg

    dede02.jpg


    dedeさん曰く、「営業部長」との事だけ合ってほんとうに愛想の良い可愛いハムさんでした。
    きゅっと引き締まったウェスト、逆三角形のマッチョな肉体も超素敵。んー漢らしい!
    (最初にはにゅ~るいの手に乗ったとき、ビビビビビビ・・・とふるえていたのはナイショです(笑))

    【ピーコちゃん】
    dede03.jpg

    dede04.jpg


    ふにふにっとした胴回りが、かつて我が家のお笑い系女王だった「りずちん」を思い出させるピーコちゃん。
    dedeかぁちゃんにベタなれな様子は見ていて微笑ましいの一言でした。

    【クリちゃん】
    dede05.jpg


    ピーコちゃんとそっくりさんなクリちゃん。写真では普通に写っていますが、伸びると胴の長さがかなり長い!
    同じジャンハムでもいろんな体型があるんだなぁ、と変なところで感心してしまいました。

    お昼だったせいかクリちゃんは今回はあまり顔を見せてくれず、良い写真が撮れなかったのが残念です。


    と言うことではにゅ~るいにとって約一年半ぶりのジャンハムとのふれあいに、ゴールデンとはまたひと味違った魅力にめろめろになったのでありました。

    スポンサーサイト
    今日のハム写真 | 20:06:26| Trackback(0)| Comments(2)
    オメガからユプシロンへ
     手術から10日程が経過したぱおろん。
    今では手術って何のこと?と言うほどの元気ハムに回復することが出来ました。

    【なんの事?って顔】
    2007092501.jpg


    「はにゅ~るい、なんでしか?
     なにかあったでし?」

    今でこそこんな感じで元気にしていますが、手術後は麻酔が抜けきらずにふらふらうろうろしていた訳で・・・。
    その姿を思い出すと、こうやってごく当たり前に元気に動き回ってくれている事がどれだけ嬉しいことか、改めて実感しました。

    【可愛い顔(親ばか)】
    2007092502.jpg


    「ボクのおさんぽのじかんになったでし?
     いつでもじゅんびおっけーでしよ?」

    最初は制限&監視付きの散歩でしたが、今では元通りのフリー散歩(1時間以上)を満喫しているぱおろんさん。
    人間だと手術後10日程でここまで普通通りに回復することはまず考えられない訳で、そう思うとハムの生命力、回復力の強さは賞賛に値すると思います。


    ところでそんな術後のぱおろん。
    先のエントリで抜糸のお話をちらっと書いたのですが・・・
    先週末、獣医さんに抜糸のお話を聞いてみたところ「自然に吸収される糸を使っているので抜糸の必要はありません」との事でした。

    幸い、術後10日がたってもぱおろんは傷口をいじるそぶりを見せませんでしたので、傷口自体は綺麗にふさがったと思うのですが・・・ただ、青緑色の糸が(いつかは吸収されるとはいえ)いつまでも見えているのはちょっとなぁ・・・と思っていたのですが。

    【セルフ抜糸直後】
    2007092503.jpg


    「ガサガサしたのをとったでし!
     すっきりしたでし?」

    夕方に見たときはまだ糸が付いていたのですが、夜のお世話タイムに写真を撮ろうとしたところ、なんといつの間にやら自分で抜糸してしまった模様です。

    よく見ると1針分だけ糸が残っているのですが、残り7針は見事に抜糸完了。まぁ、多少血はにじんでいますが・・・。
    とりあえずこの後、抜糸跡から化膿しなければ完治御礼と言うことになりそうです。


    ところでタイトルのオメガとかユプシロンって何のこと?と思われる方もおられるかもしれません。
    オメガをギリシャ文字で表記するとΩ、小文字にするとωです。
    同じくユプシロンはΥ、小文字にすると・・・υ

    まぁ、見ての通りではありますが・・・片タマになったぱおろんはωしゃんではなくυしゃん、と言うことで。(笑)
     
     


    続きを読む >>
    今日のハム写真 | 20:17:52| Trackback(0)| Comments(2)
    術後の経過
     先週末に腫瘍摘出の手術を受けたぱおろんですが、その後の様子はと言うと・・・

    何というか、拍子抜けするほどいつも通りでした。

    手術が終わった後、2時間ほどは麻酔の影響(あるいは眠気?)でふらふらとしていたのですが、しばらく眠った後、夕刻にはいつも通りの出たいコール。
    さすがに手術当日に散歩させるのはまずい、と思ってビタシロやハム用クッキー等を与えて気を紛らわせていたのですが、少し離席している間に傷口をいじってしまったらしく床材のキッチンペーパーに血の跡が点点と・・・

    ストレスがたまると余計に傷口をいじる可能性があると考え、出血が止まったのを見計らって少しだけ外に出してみました。
    するとしっかりした足取りでいつも通りに散歩をするではないですか。

    しかもべるの世話をした後だったため、はにゅ~るいの手にはおにゃの子の臭いが付いていたのですが・・・片タマハムとなったにもかかわらず、しっかりとはにゅ~るいの指を握りしめておにゃの子の臭いを嗅ぎ倒しておりました。

    動物は去勢手術をすると仙人のように達観した生き様になるものですが、どうも片側だけ摘出した程度では超ωしゃんハムのぱおろんを仙公にする事はできなかったようです。(笑)


    初日がそんな感じだったので二日目以降はいつも通りの生活に戻りました。(ただし床材は牧草ではなくキッチンペーパーに、トイレ砂は木製ではなく大きな粒の紙製のものに交換してありますが)
    幸い傷の治りも早かったようで、初日以降は流血の跡もなく、皮膚の黒ずみを除けば傷口も問題なくふさがっているようです。

    よくハムは手術の跡の抜糸を自前でする・・・と言う話を聞きますが、少なくとも今朝見た感じではまだ糸は残っているようでした。

    ところで抜糸っていつ頃するものなんでしょうねぇ・・・?
    獣医さんからは再診日の指定もありませんでしたし、このまま放置しておいても良いものなのか少々悩むところです。

    雑記 | 12:34:03| Trackback(0)| Comments(2)
    精巣腫瘍の摘出手術
     予定通り本日ぱおろんの精巣腫瘍の摘出手術を行いました。
    年齢から来る麻酔のリスクと他の臓器への転移が心配だったのですが、転移もなく無事に摘出は完了し、麻酔からも問題なく回復できたようです。
    傷口のほうはまだふさがっていませんのでしばらくは経過観察が必用ではありますが、ひとまずはほっと一安心・・・といったところでしょうか。

    以下、手術前の状態を移した写真がありますので閲覧注意です。


     

    続きを読む >>
    通院記録 | 18:47:44| Trackback(0)| Comments(4)
    決断
     ぱおろんの容態ですが、うすうす感じていたとおり本格的に腫瘍のようです。
    この1週間で目に見えて大きくなったふくらみは、歩く際に地面に引きずるせいか下の部分が鬱血したように黒くなり始めています。
    金曜日に一度再診して貰ったのですが、やはり腫瘍だろうということ、このまま放置しているといつかは皮膚が破れて破裂するだろうと言われました。
    破裂に備えて抗生物質の投与を継続しながら、Dフラクションも金曜日から飲ませ始めました。

    ぱおろん自体はとても元気です。
    食欲もあり、散歩もいつもどおりで、抱き上げてひっくり返さない限りごくごく普通の生活を送っています。

    ですが近い将来、腫瘍が破裂して場合によっては傷口から化膿してしまう・・・。

    破裂した場合は外科的な処置が必用となる訳で、その際には結局麻酔のリスクが発生します。
    同じリスクがあるなら出血して体力が落ちる前に外科処置を行った方が生存率が高いのでは・・・?
    その問いに対する医師の答えはYes、でした。

    腫瘍が破裂しないことを祈りながらDフラクションの投与を続けると言う選択肢もありますが、後手々々に回って後悔しないように・・・

    手術することを決めました。

    本当は今日にも手術をしたいところだったのですが、かかりつけの動物病院が明日から木曜日まで臨時休業である琴、はにゅ~るいが今日から金曜日まで出張であることから手術は今週の金曜日に行うことになりました。

    ぱおろんももうすぐ1歳11ヶ月。年齢的に麻酔リスクはかなり高いと思います。
    ですが、それを乗り越えて元気になってくれる・・・そう信じての決断です。

    雑記 | 15:05:51| Trackback(0)| Comments(0)
    良くない知らせ
    ブログの更新が滞っておりますが、予定通り3週間ほどで愛ハムの元へと帰ってくることができました。

    ですが不在の間に心配事が・・・。

    まずべる。
    ・・・再開してすぐに違和感を感じました。
    毛並みが悪い・・・と言うか、毛が薄い。
    よく見ると臭線のあたりがハゲています。

    原因は不明ですが、薄毛・脱毛になってしまった模様です。
    ただ、元気さや食欲等の行動は以前と変わらないため、とりあえず毛替わりの時期まで様子見と言うことになりました。


    そしてぱおろん。
    こちらは深刻です。
    春頃から片側の睾丸がふっくらと変形したように大きくなっていたのですが、3週間の間に非常に大きな腫れになっていました。
    オスが夏場に大きなωしゃんをぶらさげるのは風物詩ですが、明らかに夏場のふくらみとは異なる状況です。

    気温との関係も考えられるのでしばらく様子を見ていたのですが、涼しくなっても一向にふくらみが納まらないため、一昨日急遽通院することに。

    診察結果は精巣炎、もしくは精巣腫瘍のいずれか、と言うことでした。
    精巣炎であれば抗生物質で完治するのですが、腫瘍の場合は大きさ的に切除するしか手の打ちようがありません。
    ただ、これまでの症状を考えると精巣炎、精巣腫瘍のどちらとも少し違う症状のようだ、と言うことでした。(精巣炎であれば熱を持って痛がるがぱおろんはむしろ体温よりも冷ため、精巣腫瘍の場合だと春先に発症していたのであればとうの昔に死んでいる、と)

    とりあえず精巣炎用の抗生物質を1週間飲ませてみて効果があれば精巣炎だったと言うことになりますが、投薬開始から3日目の今日になっても目立った効果は感じられず、むしろ徐々に大きくなっている気もします。
    こうなると腫瘍である可能性が考えられるのですが・・・

    ぱおろんはもう1歳10ヶ月。来月には2歳になる老ハムに差し掛かる年齢です。麻酔のリスクを考えると安易に切除に踏み切ることができません。
    獣医さんと腫瘍だと仮定して処置を検討した際には、残りの寿命を考えるとDフラクションを使用してQOLを高めることが裁量の選択かもしれない、と言う結果になりましたが・・・困ったことにどんちーさんの家系にはあまりDフラクションが効かない(3戦0勝)ので、それも選択肢としては若干弱い気がします。

    来週の月曜日にはどうするか判断しないといけないのですが・・・さて、どうしたものやら・・・。

    通院記録 | 19:01:09| Trackback(0)| Comments(1)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。