■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    手術を受けました
     先週の通院でこのまま腫瘍の大きさが変わらなければ様子を見る方向で…と言う事を決めたのですが、その後もDフラクションを投与していたにも関わらず腫瘍の大きさが大きくなってきてしまったため、本日急遽最寄りの動物病院へ通院することになりました。

    【昨日の腫瘍】
    2011082101.jpg

    毛の部分で見えにくいのですが、円形だった腫瘍が前方へ拡大し始めていたため、このままでは耳を切除するだけですまなくなる可能性があると判断しました。

    そして通院、手術に踏み切ることに。


    午前中にぼー太郎を預け、手術が終わったのが5時前。

    開腹手術ではないので手術自体の危険性は殆ど無いのですが、なにぶんハムスターは麻酔から醒めない事があるため、一番心配だったのは無事に目が醒めるかということでした。

    しかし、そんなはにゅ~るいの心配をよそに迎えに行った所、ちょうどぼー太郎は麻酔から覚めた所でした。

    耳の腫瘍は切除できたのですが、その他の部分への転移に関しては精密検査をしていないので何とも言えない状態で、再発・転移するかどうかは五分五分との事でしたが、とりあえず耳に起因する腫瘍はこれで全切除できたとの事でした。

    で、帰宅後のぼー太郎さんは…。



    ※続きには術後の写真(若干出血あり)が掲載されています


     


    続きを読む >>
    スポンサーサイト
    通院記録 | 19:46:06| Trackback(0)| Comments(2)
    手術延期
     本日、診察を受けた結果、ぼー太郎の耳のできものについて、しばらく手術を行わずに経過観察を続ける事を決めました。その理由は3つ。

    まず一つ目ははにゅ~るい的には大きくなっていたように見えたできものの大きさが、先生の見立てでは殆ど大きくなっていなかったという事。
    現物と写真比較の結果、悪性腫瘍ならもっと急激に大きくなっていてもおかしくないため、良性の腫瘍である可能性が考えられるとの事でした。

    ひょっとしたら大きくなっていないのはDフラクションの効果で腫瘍の成長が抑えられている可能性もありますが、もしそうであれば投薬を継続すれば切除手術をしなくとも寿命まで逃げ切って、引き分けに持ち込めるかもしれないという希望が見えました。


    二つ目はまだこの倍のサイズまでであれば転移の危険無く切除出来るということ。
    はにゅ~るい的には転移の可能性を考えると一刻も早く手を打つべきだと考えていたのですが、先生の判断ではこのサイズであればまだ切除の判断は速いとの事でした。

    不幸中の幸いと言うべきか、今回のできものは非常にわかりやすい所にできており、また切除すべき境界線もはっきりしている(耳の付け根からとればよい)ので、切除のタイミングが非常に計りやすいらしいです。


    そして三つ目はやはり麻酔を行うリスクの存在です。
    正直、はにゅ~るいは最悪の場合、今日でぼー太郎とお別れになる事も覚悟していました。

    ハムスターにとっての麻酔は場合によってはそのまま永遠の眠りに繋がる危険性のある行為だからです。(ハムスター用の麻酔が存在しないので、どうしても強力な犬猫用のものを使用せざるを得ないためです)

    なので、不要不急の手術は避けたいというのははにゅ~るいと先生の共通認識でした。
    はにゅ~るい的には悪性腫瘍(メラボーマ)である可能性を考えていたので、今日にも切除が必要だと考えていたのですが、上記のような診察結果から現状では手術を行う必要は無い、と言う判断に達しました。


    以上のような事から、Dフラクションを投与しながら1ヶ月単位で経過監査を行い、急激に大きくなりはじめたら切除に踏み切る…という対応を行う事にきめました。


    ぼー太郎的にはまたしばらくの間、朝晩寝込みを襲われて苦い薬を飲まされる事になりますが…。
    それが最もリスクが低く、長生き出来る方法なので諦めてもらうしかありません。

    通院記録 | 22:59:25| Trackback(0)| Comments(1)
    Dフラクション効果無し
     Dフラクションの投与開始から1週間が経過しました。

    薬慣れしていないぼー太郎にとっては、毎日夜討ち朝駆けされるストレスフルな一週間だったのではないかと思います。
    毎日のストレスが少しでも快方に繋がっていれば、それはそれで我慢させてでも続けなければいけないところなのですが…。

    【2011/08/10 投薬2日目】
    2011081501.jpg

    【2011/08/14 投薬7日目】
    2011081502.jpg

    Dフラクション投薬2日目に少し腫瘍が枯れてきたかのような気もしたのですが、1週間経過後の様子はというと盛り上がりの高さは同程度のまま、範囲が大きくなっているような気がします。
    少なくとも以前よりも目に見えて小さくなっていたり、あるいは同じ大きさという感じではありません。

    詳細な判定は専門家の判断を待たなければいけませんが、私見では残念ながら我が家のDフラクション投薬記録はまたもや敗北数を増やすことになってしまったようにも思えます。


    これ以上様子見をしていても仕方ありませんので、明日歳通院を行う予定です。
    無駄に放置していて転移してしまうのも良くないので、場合によっては即日切除手術の可能性も考えられます。




    続きを読む >>
    今日のハム写真 | 19:39:25| Trackback(0)| Comments(1)
    セカンドオピニオン
     ぼー太郎のおできが発覚し、投薬を始めてから4日が経過しました。
    細菌性のできものの場合、抗生物質が効果を発揮すれば多少なりとも変化があるはずですが、残念ながら抗生物質は効果を発揮しませんでした。

    【投与前/投与後】
    2011081001.jpg
    ※クリックで拡大

    耳の角度が微妙に違うので目測での印象ですが、一回り大きくなったような気がします。
    このスピードで大きくなっていると言う事は、一月ほど前にはすでに発生していたのでは?と思い、過去に撮影した画像を再確認したところ、先月中旬の写真にできものの初期症状らしきものが写り込んでいました。

    【初期状態】
    2011081002.jpg

    ぼー太郎の黒、と言う色は個人的にはかわいらしくて好きなのですが、黒であることで発見が遅れたというのは何ともやるせない所です。

    それはさておき、1ヶ月でおおよそ2倍の大きさに成長する、と言う事は細菌性のものではなく腫瘍である可能性が高いと考えられます。(細菌性で膿んでいる場合は膨張が早く、また検査時に膿が出るのですぐに判明します)

    このまま抗生物質を与えていても時間が無駄になるだけなので、今日(9日)、セカンドオピニオンを求めて実家近くの動物病院へ赴きました。この病院では過去にぱおろんの腫瘍摘出手術をしてもらっており、自宅近くの病院の先生よりも信頼できる印象があるためです。

    その結果、やはり先生の見立てでは腫瘍、黒色腫(メラボーマ)の可能性が高いとの事でした。
    皮膚がんの一種である黒色腫は悪性度が極めて高い腫瘍で、今の状態の2倍ほどの大きさになったら転移するとの事。ただ、幸いなことに黒色腫は内臓には発生しないそうなので、耳の腫瘍が内臓から転移してきたものではなく、外科的な切除措置を行えば問題無いとの事でした。

    ただ、この場合の切除とは耳自体を切り取ると言う事なので、予後のことを考えると若干の抵抗がある事は事実です。
    そこで、お盆休み中の1週間を経過観察期間にし、その間に抗がん作用のある内服薬を投与してみる事になりました。

    今回処方された薬はペット用の抗がん剤としては定番のD-フラクション。我が家でも使用するのはこれで3度目です。D-フラクションはハムスターの腫瘍には特効とも言える効果を持つ事で知られています。

    …ただ、我が家では過去の成績は2戦2敗(厳密には1敗1分け、るーくは効果無し、どろしーは3ヶ月延命)なので、過度の期待は禁物なのですが…。

    とりあえず今週いっぱい、D-フラクションを投与してみて効果が出れば良し、出なければ来週の中頃にも切除手術の予定です。


    ちなみに本人はまったく気にしていないようで、今日もあまとふーたんのニオイに興奮して出たがったり走り回ったりと大騒ぎ。この様子を見ていると、無理に手術をする必要も無いのかも…と思ったりもするのですが…。
    ただハムスターの腫瘍は成長速度が速いので、後になって公開しないように早めに手を打つべき、と言う過去の教訓に従って対応しようかと考えています。

    続きを読む >>
    通院記録 | 01:37:13| Trackback(0)| Comments(2)
    できものが…
     気が付くとまたもや休眠状態になっておりましたが、ハム達は皆元気…。

    と言いたいところだったのですが、我が家の主であるぼー太郎に本日思わぬ事態が発覚しました。


    【できもの発覚】
    2011080501.jpg

    「なんでちか?ボクはふつうでちよ?」

    右耳の付け根近くに昨日まではまるで気付かなかった大きな黒いできものが…。

    本人は全く気にしていない(触っても痛がらない)のですが、ちょっと気味が悪い感じです。


    念のために体の他の部分も触ってみましたが、他の部分にできものは見あたりませんでした。
    ただ、あまり良い事ではないと思いますので、明日にでも動物病院へ連れて行こうかと考え中です。

    続きを読む >>
    今日のハム写真 | 19:18:17| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。