■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    セカンドオピニオン
     ぼー太郎のおできが発覚し、投薬を始めてから4日が経過しました。
    細菌性のできものの場合、抗生物質が効果を発揮すれば多少なりとも変化があるはずですが、残念ながら抗生物質は効果を発揮しませんでした。

    【投与前/投与後】
    2011081001.jpg
    ※クリックで拡大

    耳の角度が微妙に違うので目測での印象ですが、一回り大きくなったような気がします。
    このスピードで大きくなっていると言う事は、一月ほど前にはすでに発生していたのでは?と思い、過去に撮影した画像を再確認したところ、先月中旬の写真にできものの初期症状らしきものが写り込んでいました。

    【初期状態】
    2011081002.jpg

    ぼー太郎の黒、と言う色は個人的にはかわいらしくて好きなのですが、黒であることで発見が遅れたというのは何ともやるせない所です。

    それはさておき、1ヶ月でおおよそ2倍の大きさに成長する、と言う事は細菌性のものではなく腫瘍である可能性が高いと考えられます。(細菌性で膿んでいる場合は膨張が早く、また検査時に膿が出るのですぐに判明します)

    このまま抗生物質を与えていても時間が無駄になるだけなので、今日(9日)、セカンドオピニオンを求めて実家近くの動物病院へ赴きました。この病院では過去にぱおろんの腫瘍摘出手術をしてもらっており、自宅近くの病院の先生よりも信頼できる印象があるためです。

    その結果、やはり先生の見立てでは腫瘍、黒色腫(メラボーマ)の可能性が高いとの事でした。
    皮膚がんの一種である黒色腫は悪性度が極めて高い腫瘍で、今の状態の2倍ほどの大きさになったら転移するとの事。ただ、幸いなことに黒色腫は内臓には発生しないそうなので、耳の腫瘍が内臓から転移してきたものではなく、外科的な切除措置を行えば問題無いとの事でした。

    ただ、この場合の切除とは耳自体を切り取ると言う事なので、予後のことを考えると若干の抵抗がある事は事実です。
    そこで、お盆休み中の1週間を経過観察期間にし、その間に抗がん作用のある内服薬を投与してみる事になりました。

    今回処方された薬はペット用の抗がん剤としては定番のD-フラクション。我が家でも使用するのはこれで3度目です。D-フラクションはハムスターの腫瘍には特効とも言える効果を持つ事で知られています。

    …ただ、我が家では過去の成績は2戦2敗(厳密には1敗1分け、るーくは効果無し、どろしーは3ヶ月延命)なので、過度の期待は禁物なのですが…。

    とりあえず今週いっぱい、D-フラクションを投与してみて効果が出れば良し、出なければ来週の中頃にも切除手術の予定です。


    ちなみに本人はまったく気にしていないようで、今日もあまとふーたんのニオイに興奮して出たがったり走り回ったりと大騒ぎ。この様子を見ていると、無理に手術をする必要も無いのかも…と思ったりもするのですが…。
    ただハムスターの腫瘍は成長速度が速いので、後になって公開しないように早めに手を打つべき、と言う過去の教訓に従って対応しようかと考えています。

    続きを読む >>
    スポンサーサイト
    通院記録 | 01:37:13| Trackback(0)| Comments(2)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。