■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    うろぼろす
    2011010101.jpg

    2012年04月24日 06:55 うろぼろす(ぼー太郎)永眠 享年 2歳2ヶ月25日


     長く腫瘍と闘い続けたぼー太郎ですが、2歳3ヶ月の誕生日を目前にした今朝方、息を引き取りました。

    耳の腫瘍が発覚したのが昨年の7月の事でしたから、実に9ヶ月(人間の時間に換算すると20年以上)にも及ぶ長い闘病生活であった事になります。

    もっとも、腫瘍のできた場所が耳や頬袋と言った生命活動に影響の少ない場所であった事で、その闘病生活のほとんどの期間はぼー太郎にとって「ごく当たり前の日常」でしかなかった事は本当に幸いであったと思います。

    2歳を過ぎ、1月、また1月と年を重ねていくぼー太郎の姿に、まだまだ行けるのではないかと思ったりもしましたが…。
    先月末頃に喉元に腫瘍が転移したことで状況が変わってしまいました。

    歩行に支障を来す大きさにまで育った喉の腫瘍が早晩、気道や食道といったクリティカルな場所に影響を与える事は容易に想像できました。
    ですが、それでも、まだぼー太郎の日常は穏やかでした。

    【2012/04/09】
    2012042401.jpg

    亡くなる2週間ほど前まで、ぼー太郎は散歩も楽しんでいましたし、かなり大きくなった腫瘍を抱えながらも回し車を回すなど、本当にいつも通りの様子でした。
    あまの発情日にはゆえ以上に大騒ぎをして、我が家ではぼー太郎の事を「エロジジイ」などと呼んだりしながらも、そんな姿にまだ大丈夫だと安堵していました。


    【2012/04/12】
    2012042402.jpg

    違和感を感じ始めたのは12日頃でした。散歩に出しても部屋の隅でじっとしているだけになり、この日はあまの発情日だったので、ぼー太郎の気付けに…と面会させてみたのですが、少しにおいをかぐだけで具体的なアクションは何も起こそうとしませんでした。

    老化が始まったのか、腫瘍で体力が落ちてきたのかは分かりませんでしたが、この日を最後にぼー太郎は外に出たいと言わなくなりました。


    そして先週。
    ついに喉元の膨らみが急激にしぼみました。おそらく腫瘍細胞が自壊したのだと思います。
    その頃から、ぼー太郎の状態は急激に悪化し、食事もろくに取れず、ただ苦しげに息をしながら浅い眠りを繰り返すだけの状態になってしまいました。

    息苦しそうな様子から食道や気道になんらかのダメージを負った事は想像できましたが、既に手の打ちようも無く、食欲がありながらも食べることができないぼー太郎のために流動食やペットミルクを投与し、最後の時が少しでも穏やかであるようにする事しかできませんでした。

    これまでに何度もハムスターを看取った経験から、おそらく先週末の段階で週は越せないであろうとと思いました。
    しかしぼー太郎は週末どころか、月曜日さえ乗り切り、火曜日の朝までがんばりました。
    そんな様子を見て、昨年末、腫瘍が大きくなったときに「もうこの子は年を越せないだろうな…」と感じていた事を思い出しました。

    はにゅ~るいの想像を軽く裏切って見せたぼー太郎ですが、さすがに今回ばかりは体力の限界だったようです。


    今朝、様子を見に行った時点で体力の限界がすぐそこまで迫っていることが見て取れました。
    もはや虫の息と言えるような状態。

    それでも、ぼー太郎ははにゅ~るいが起きるまで、がんばって待ってくれていました。
    体温が低下し、力なくぐったりしたぼー太郎を抱き上げて、流動食を飲ませました。

    美味しそうに2口・3口と流動食を飲みましたが…それが限界だったようです。

    しばらくして、ぼー太郎ははにゅ~るいの手の中でゆっくりと息を引き取りました。

    それまで荒い呼吸をしていたのが嘘のように、最後の数分は穏やかな呼吸でした。
    最後にゆっくりと息を吐いて、ぼー太郎は眠るように静かに眠りにつきました。


    不思議と涙は出ませんでした。

    これまでになく長い介護の間に、何度も覚悟する場面があったからかもしれませんし、また今回の闘病は人、ハム共にできる限りのことをし尽くしたように思えるからかもしれません。
    喪失感が大きいことは事実ですが…悲しい、とは少し違う、寂しい、のような、そんな気持ちです。


    はにゅ~るいにとって、ぼー太郎はある種特別な存在でした。
    久しぶりのどんちー一族の子であることもその理由の一つなのですが、なんとなく、ずーっと前からぼー太郎がうちにいたような、生まれる前から知っているような、そんな気さえしていました。


    …ひょっとしたら、ぼー太郎はどんちーさんの生まれ変わりなのかも…。

    そんな事を思ったりもしました。


    もし、そうだとしたら。
    きっとまた次も生まれ変わって我が家に帰ってきてくれる。

    そう信じて、ぼー太郎を送り出します。


    ぼー太郎、少し休んだらまた帰ってくるんだよ。


    2012042403.jpg

    「ぼーたろうしゃん、おむかえにきたでしゅよ」
    「ふーたん…。ぼくはこれからずーっとふーたんといっしょでち!」



    …たまにでいいから、はにゅ~るいの事も思い出してね?


    「はにゅうはうるさいでちなぁ…そのうち、またかんがえておいてやるでちよ」
    今日のハム写真 | 20:33:03| Trackback(0)| Comments(3)
    コメント
    早いうちに腫瘍ができた時は本当にびっくりしました。
    はにゅ~るいさんの決断のおかげで耳の腫瘍は完治することができました。
    正直、早い時期でもあったし、悪い事も結構考えたんですよね。
    でも、本当にいい意味でたくさん私達を裏切ってくれたぼーくん。
    がんばってくれましたね。
    闘病生活が短かったのは、お互いによかったと思います。
    そんなこともぼーくんは考えてくれていたのかな?

    生まれた時は小さくて、兄弟が亡くなっていったなか、もしかしたら、次はこのコかも・・・と思っていたくらいだったんですよ。
    立派に育ってくれました。
    一族の長としても、十分な役割を果たしてくれましたね。
    お疲れ様、ぼーくん。ふーたんとお空で仲良くね。
    そして、また一緒に戻っておいで・・・。どんちーさん(笑)
    2012-04-25 水 09:46:10 | URL | Sacchan [編集]
    はじめまして。
    いつも次の記事はいつかな~と期待しながら拝見しています。
    ぼー太郎君、闘病生活がんばりましたね。
    ふーたんの時は全く予想していなかったので、かなりショックでした。
    ふーたんの時同様、最後の台詞、涙なしに見る事はできません。
    ご冥福をお祈りします。
    2012-04-26 木 23:43:19 | URL | ころころ [編集]
    Re: タイトルなし
    >Sacchanさん
     ぼー太郎へのお悔やみ、ありがとうございます。
    ちょうどぼー太郎のお迎え前日に先代のはーくんが亡くなり、一時はお迎えキャンセルかも…と思った事も今となっては懐かしい思い出です。
    ぼー太郎はいろんな意味で期待を裏切ってくれたハムでしたし、久方ぶりのどんちー一族でしたから、歴代のハムのなかでも特別な存在だったと思います。
    ぼー太郎が次にうちに戻ってくるのがいつになるのかは分かりませんが、それでもいつかはまたきっと戻ってきてくれる。そう信じています。


    >ころころさん
    はじめまして、ようこそ。
    ぼー太郎へのお悔やみ、ありがとうございました。
    ハムのライフサイクルは人間に比べるととても早いので、あっという間に老化して、あっという間に逝ってしまうこともよくあります。
    寂しいですが、そういう生き物と生活を共にする事を選んだのは自分なので、せめてハム達が与えられた生を全うできるようにアシストする事が数少ない、人間のできることなのかな…と思ったりもします。

    ぼー太郎がいなくなってもう1週間経ってしまいましたが、まだ少し気抜けした状態が続いてます。

    しかし、いつまでも落ち込んでいる訳にもいきませんので、またぼちぼちとブログを更新しながら日常生活に戻れればと思っています。
    2012-04-30 月 20:30:46 | URL | はにゅ~るい [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。