■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ゆえ君、復活
     7月の中旬にに容態が急変し、一時は生死の境をさまよったゆえ君。
    しばらくは帰ったらもういなくなってるんじゃないか…そんな不安を抱きながら仕事に出る日々が続きました。

    年齢が年齢なので、病院へ連れて行っても改善する見込みは少ない…。
    そう思いつつも、藁にもすがる思いで病院へ連れて行き、抗生物質の投与を続けること1ヶ月。



    なんとゆえ君、奇跡の完全復活を果たしました!

    【うまうまゆえ君】
    2013081801.jpg

    「ぶろっこりんとかはウマウマでちなぁ」

    一時は流動食すら拒否していたのですが、いまでは食欲もほぼ元通り。
    減った体重も徐々にではありますが、戻りつつあります。


    【老ハム介護】
    2013081802.jpg

    「せ、せったん!ボクは、ボクはせったんのことが…!」
    「ろうハムかいごもたいへんでちよ…」

    ゆえ君が復活したのもひとえにせっちゃんのおかげ。
    こうやってせっちゃんと面会する機会を多く作ったことで、まだまだがんばる!と言うやる気が湧いてきたのかもしれません。


    【お散歩ゆえ君】
    2013081803.jpg

    「せったんはどこでちかなぁ?」

    毎日ではありませんが、散歩に出たいとアピールするようにもなりました。



    多少、手足が衰えたのか足下がおぼつかないように見えることもありますが、満足に歩くことすらできなかった事を思えば格段の改善具合です。


    とは言え来月でゆえ君も2歳半。これからどんどん良くなる事はありえませんので、現状を少しでも長くイジできるよう、コンディション管理に気を配る必要はあります。
     



     
    で、瀕死状態になっていた原因なのですが…。

    老衰であれば復活する事はありえませんし、抗生物質が効いたと言う事はおそらく菌による病気であったと考えられます。

    あまりにも進行が急であったことを考えると、老衰ではなく病気を疑うべきだったのですが、なまじ飼育歴が長いと「ああ。そろそろお迎えが来るのか…」と諦めモードに入りやすくなるのもまた事実。

    今回、諦めずに通院したことで結果的にゆえ君は復活しましたが、素人の判断が危険だと言う事を改めて思い知りました。
    今日のハム写真 | 23:50:15| Trackback(0)| Comments(1)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。