■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    りずとの別れ
     まず、りずに対してお悔やみの言葉を下さった皆様にお礼を申し上げます。
    去る10月31日に天へ召されたりずですが、今日、ようやく埋葬する事ができました。

    本当であればもう少し早く埋葬してあげるべきだったのですが、現在の千葉の家は賃貸住宅でいつ転居するかも判らない所なので‥‥もしその家の近くにりずを埋葬してしまったら転居した後にりずが寂しがるかも知れない、と言うセンチメンタルな理由で埋葬を今日まで先延ばしにしていたのです。

    奇遇にも今日から週末に掛けて仕事の都合で実家に帰省する事になっていたため、どんちー一族と共にりずを実家に連れて帰り、実家の裏庭に埋葬することにしました。

    実は以前から、ハムが天に召されたら千葉では無くて実家に埋葬してあげたい‥‥とは考えていたのですが、それはまだまだ先の話でまさか今回の帰省にタイミングを合わせるようにりずが亡くなるとは思ってもみませんでしたが‥‥。
    ともあれ、今回の帰省がりずにとって最後の長旅となりました。

    幸い今日は日本全国が快晴で絶好のドライブ日よりで富士山も、浜名湖も、これまでは何度通っても雨や霧でろくに見えなかった美しい風景をすべて鮮やかに見ることができました。
    きっと、天がりずの最後の旅立ちを祝福してくれているのだろうな‥‥などと思いながら実家への道のりを急ぎました。

    実家に到着し、可愛がってくれていた父母にりずを対面させた後に埋葬を行いました。
    お世辞にも良いコンディションとは言い難い最後の姿ではありましたが、我が家にお迎えした当初から使っていた竹籠の小屋に綿を敷き詰め、色取り取りの花と大好きだったヒマ種を沢山入れ、そして「どかん生物」として愛用していたロール芯、長らく囓りかけのままりず宅に転がされていたヤングコーンと共にりずを大地へと還しました。
    墓標には夏場によくへにょん姿で座っていた避暑用ガラストレーと、囓らずにテーブルとして使っていた囓り木を添え、白い花の咲くさざんかを目印として植えました。

    りず自身は実家の庭へ出た事はないのですが、この庭でとれたバッタはりずの好物だったので来年のお盆のバッタが発生する頃にはきっと時折この場所に戻ってきてバッタを食べて行くことだろうと思います。



    突然の別れであったため、未だにハム達に呼びかける時についついりずの名を呼びそうになってしまいますが、今日りずを埋葬したことで少しずつりずのいない現実を受け入れる事が出来るようになったような気がします。
    もちろんりずの事を忘れる事はできませんし、忘れるつもりもありませんが、亡くなったりずの分も他のハム達を大切にする事でりずへの思いを活かすことができれば、と思っています。
    とくに姉妹格のどろし~さんにはりずの分も長生きして貰わなくては‥‥と思っています。

    とりあえずまだりずの写真を整理し切れていないのですが、近くりずが生きた証としてこれまでの写真の中から「りずらしい」ものを残してみようと考えています。

    未分類 | 20:09:40| Trackback(0)| Comments(4)
    コメント
    そうでしたか・・・
    はにゅ~るいさん、無事ご実家に着かれたようでよかったです。
    きっと突然のことでお疲れのままの長旅になったことでしょう。
    ご自宅のお庭だととっても安心できますよね。
    りずちんもほっとしていることと思います。
    私はいつも1匹のはむをお世話しているので、はむを失った後も帰宅後はむ部屋を覗く癖がとれませんでした。
    どんちーさん一家と、どろし~さんがりずちんの分までがんばってくれると思いますよ。
    ご冥福をお祈りします。
    2005-11-02 水 20:53:13 | URL | Sacchan [編集]
    お悔やみ申し上げます
    遅くなりました。あまりにも突然の訃報で驚いています。
    それでも、ずっとはにゅーるいさんのそばにいられて、おうちの庭に還ることができて、きっとばったもおいしくいるし、りずちんは安らかなのではないかと思います。
    はにゅーるいさんもお疲れ様でした。今はゆっくり養生して、またどんちーさん一族とどろしーさんの楽しくおいしい暮らしのために奮起してくださいねー。
    2005-11-02 水 21:34:26 | URL | のっぴょぴょ [編集]
    あまりにも突然のことでただただ驚いています。
    それにとっても悲しい・・・
    いっつも茶目っ気たっぷりなりずちん
    大開脚で人々を魅了していたりずちん 大好きでした。

    埋葬する事によって現実を受け入れる事が出来たって、分かります。
    いいようのない悲しみに襲われる事もあるかとは思いますが、
    はにゅーるいさんには他の子達がついているから・・・

    りずちんのご冥福を心からお祈りいたします。
    2005-11-03 木 14:24:26 | URL | まめママ [編集]
    こんにちは。
    先日ははっさくのお悔やみをありがとうございました。
    そして、りずちんのこと、残念でしたね。
    自分のことばかりで存じ上げず、申し訳ありません。
    帰省される際には富士山を眺められたようですね。
    それならりずちん、ウチのはっさくと道中ご一緒させて頂いているかもしれませんね。
    二人なら、寂しくないね。
    おみやげもいっぱいだし。。。
    お互いに他の子たちもいますから、その子たちを精一杯幸せにしてあげましょうね。
    2005-11-03 木 20:18:56 | URL | とい [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。