■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    どんちーさん最後の4日間
     どんちーさんの最後を忘れないために。
    もしかしたら、これが参考になってどこかのハムの命が助かるかもしれない…と言う期待を込めて。

    ※個人的な備忘記であり、今の際の生々しい様子も記録していますので閲覧はあまりお勧めしません。
    どんちーさんがどれだけ頑張ったか、ハムスターの病の進行が如何に早いかを知りたいという方のみご覧下さい。
     
     
     
     



     
    どんちーさん最後の4日間
     
    11月27日(日)
    ●夜
     これまで夕方になると必ず出たいアピールをしていたどんちーさんが夜になってもアピールしない事で異常に気が付いた。
    寝床の中で丸まって寝たままで、声を掛けるとだるそうに顔を上げる。
    心なしか右目の上がはれぼったいような気がしたが、眠いせいかと思う。
    手を出すと一応乗ってきたので散歩に出すが、すぐに隅っこに行きじっとしてしまう。
    元気がないのかと思い、栄養剤を飲ませてケースに戻すとすぐにまた寝床へ戻ってしまい、これはおかしいと思う。

    11月28日(月)
    ●朝
     気になって様子を見ると食事が殆ど手つかずである事に気が付く。
    とりあえず何も食べていない事は良くないと思い、栄養剤とビタミン剤を多めに飲ませる。
    ぐしゅぐしゅと言う音が聞こえるが、回数が少なかったためあまり気にせず。
    前日に入れた葉物野菜やヨーグルトがそのままになっていると言うのはこれまでに無かった事なので、明らかにおかしいと思い朝9時にもう一度栄養剤を飲ませて病院へ連れて行く。
    この時点で右目は目やにで塞がっていたが、普段ほどではないものの元気はあった。

    ●病院
     病院では食欲不振と目やに、昨日殆ど動かなかった事、ぐしゅぐしゅ言っていた事を話すが、とりあえず目やにで塞がった目を目薬で治療し、翌日まで様子を見てまだ食欲が無ければもう一度来るように言われる。
    体重は前日比-5g。

    ●昼
    食欲がない時用の食べ物としてペレット団子を作るが、一口食べただけで後は食べない。 ひまわりの種や小松菜やキャベツを寝床の近くに置くと少し齧っていたので快方に向かうのかと思いこむ。
    病院でもらった1日5~6回指すという目薬を指そうとするが嫌がって結局1度指したか指さないままに終わる。
    ●夜
     もう一度ペレット団子を作ると1個だけ完食する。栄養剤をさらにあたえ、様子を見ているとあーちゃんの散歩に合わせて起き出し、出たいアピールを開始する。
    出れないとストレスになると考え、短時間の散歩に出す。
    若干目が閉じ気味ではあったが、動きは普段通りであったため回復したと判断する。

    11月29日(火)
    ●朝
     昨日の回復具合とはうってかわって元気のない様子。普段は必ず寝床で寝るはずなのに、仮設トイレのところでうずくまっている姿を発見。
    前日よりもぐしゅぐしゅ言う音が大きく聞こえるが、昨日の残りのミックスベジタブルを食べる姿を見て、食欲はあると判断。栄養剤を与えて仕事に行く。

    ●昼
     気になって早めに帰宅。朝姿を見かけた場所と同じ、外でうずくまってぐしゅぐしゅ言っている姿を発見。
    午後の検診が3時開始であったため、3時になるのを待って動物病院へ。

    ●病院
     昨日よりも明らかに元気がなく、体重は前日よりもさらに5g減っていた。
    細菌性の感染症である可能性が高いと診断され、栄養分を補給する皮下点滴を受ける。
    心音等から肺等の深い部分には影響が出ていないが、目やにや鼻づまりがあると言うことは良くないので目薬を指すことを指示され、さらに抗生物質の入った飲み薬を貰う。

    ●夕方
     帰宅後、明らかに様子がおかしい事に気付く。
    皮下点滴の影響で左の脇腹が大きくふくれているせいか、バランスが取れずに動きがおかしい。よろつくような足取りでフラフラ2・3歩歩いてはうずくまり、しばらくぐしゅぐしゅ言っていたかと思うとまたフラフラと歩く…と言うことを繰り返す。
    心配ではあるが抗生物質を飲ませるとしばらくして給水ボトルの下で落ち着いたため、そのまま寝るのだろうと思い自分の病院へ行く。

    ●19:00頃
     帰宅すると夕方に見たのと同じ場所、同じ姿勢でうずくまったままでいた。
    心なしか吸気する腹の動きが小さい気がして抱き上げると明らかにぐったりしており、辛うじて開いていた左目もまた目やにで塞がってしまっていた。
    栄養剤を投与し、水を飲ませると飲んだので、しばらく手の上で背中をなでてやるとじっとしている。
    落ち着いたようなのでケースに戻すと、砂場の方へフラフラと歩いていき、段差につまづいて転ぶ。転んだときに自力で起きあがれずにもがく姿を見て慌てて抱き起こすが、姿勢が戻ると砂場でうずくまったので、そのまま寝るのかと思い様子を見ることに。

    ●21:00頃
     気になって様子を見に行くと、さっきと同じ姿勢でぐったりとしている姿を発見。
    両目とも目やにで完全に塞がっている。
    慌てて抱き上げると完全に脱力した様子で、鼻水とよだれが出たのか口と鼻に木砂の固まりがついている事に気が付く。
    砂を取ろうとすると、自分でもそれが嫌だったのか足を動かして毛繕いする動作をするが、動作に力はなく足が動いているだけの状態。
    声を掛け、水を飲ませると飲み、指にハチミツを付けて舐めさせるとよわよわしいものの少し舐める。
    この時点でかなり症状が危険である事を認識するが、既に病院は閉まった後なので打つ手が無い。
    食欲がある事に一縷の望みを繋ぎ、ハム部屋に加湿器をセットし、一時仮眠。

    ●22:30頃
     どんちーさんの事が気になり、目が覚める。
    様子を見るとかなり弱々しい呼吸になっており、もうあまり長く持たないような予感を感じる。
    ケースには戻さず、使い捨てカイロとフリースを使い、外で保温、看病開始。
    鼻が詰まっているせいか時折口で呼吸し、口が渇くらしく水を飲ませると少しだけ飲む。
    抱いたり、戻したりしながらハチミツと栄養剤を混ぜた水を飲ませたり、鼻水を拭いたりするが状況はいっこうに改善せず。
    伏せた状態で鼻がフリースに接触して呼吸が難しくなるといけないので、しぃ子さんのクッションを拝借し、頭を少し上向きにするが状態は改善しない。

    ●23:30頃
     朝までもてば病院へ行ってなんとかなるかもしれない、がんばれ、がんばれ、と思う。同時に苦しそうな息づかいを聞くと、もう十分がんばったから、やすんでいいよ…とも思う。
    楽にしてやりたいが、楽にする方法が思いつかない。撫でても、温めても、水を飲ませても何の効果もなく、ただ苦しそうに息をするのみ。
    だが、そんな生きようとする姿を見て、がんばれるところまでがんばれ、出来ることはするから…と思いなおす。

    ●24:00頃
     水を受け付けなくなる。口が開くので流し込もうとするが、開いたままの口からこぼれ落ち殆ど飲めていない。
    口呼吸をしているようなので、気道に入ると危険だと思い、少量を指に付けて舐めさせようとするが、既に舌が動いていない…。
    時々苦しそうに口を開けて大きく息をしたり、弱々しく動いたりするが、快方に向かうと言うよりも最後に気力を振り絞ってもがいているように思える。

    11月30日(水)
    ●00:30頃
     もう長くは持たないと言うことが目に見えて判る。
    呼吸にあわせて鼻から鼻水が溢れ、苦しいのか時折大きく口を開ける。慌てて鼻水をティッシュで拭き取ると呼吸が楽になったのか、2・3分だけ静かに呼吸をしていた。ほんの少しだけでも助けになれたような気になったが、根本的には何も解決していない。
    保温を兼ねて全身を撫でてやると右耳の付け根を撫でた時に足が突然反応し、動き出す。どうやら耳の後ろがかゆかったようだ。ひとしきり掻いてやると足の動きが収まる。
    他の部分でかゆいところがないか、そっと撫でてみると口の左側、水がこぼれたところが濡れて気持ちわるがっていたことが判る。ティッシュで丁寧に拭き取り、撫でてやると左足の反応も収まる。
    体を動かす元気がないのに、足だけが条件反射で元気に動くとは…足の動きがとても悲しく見えた。

    ●01:00
     呼吸の仕方が明らかに浅く、荒く乱れていく。
    抱き起こすと完全にぐったりとしてまったく身体に力が入っていない。
    腹にそっと耳を当てると心音は聞こえるが、とても弱々しい。
    ついに最後の時が来たと覚悟。
    どれだけ辛そうでも目を背けず、最後は手の中で看取ってやることが飼い主の責任であると考え、抱きかかえ話しかけながら鼻水を拭い、最後の時を待つ。
    水を数滴口に落とし込むと舌が動いて飲み込んだように見えた。

    ●01:05
     永眠。
    大きく息を吸い、キュウ…と一声鳴き、右手を挙げて挨拶をした後、逝く。
    この世に生を受けて600日。数字にすると短いが、とても長く、数え切れない想い出を残してくれた一生だった。

    乱れた毛並みを整えてやり、フリースの布団と座布団枕をセットしたままケースに戻す。
    この時間まで他のハム達は起きて騒いでいた。

    ●02:00頃
     ブログにどんちーさん死去のエントリーを投稿。
    どんちーさんが逝く時はどんちー通信で挨拶を、と言うスタイルはどんちー通信を始めた頃から漠然と考えていた。しかしそれはまだ先の話で、まさか開始した年内にその記事を書く事になるとは思いもしなかった。

    投稿後、バタバタしていて見逃していたどんちーさんへのお見舞いコメントを読み、今頃になってどんちーさんの死を実感、号泣する。

    ●02:50頃
     ケースに寝かせたままだと不憫なので、我が家に来たときから使っていた砂場を洗浄し、最後の棺として納棺する。いずれ来る別れの日、どんちーさんを送り出す棺はお迎え当初から使い続けている唯一の物であるこの砂場のケースにすると決めていた。

    納棺の際に身体に触れてみるとフリースの布団のせいか、死後2時間近く経つのにまだ身体は暖かかった。丁度りずが逝ったとき、亡骸を発見した時の暖かさと同じように思える。
    閉じていたはずの目が開いているようにも見え、ひょっとしたら仮死状態かもしれないと思い心音を確認したり人工呼吸をしたりするが、当然効果は無し。

    先ほどまで騒いでいたハム達がみな大人しくしている。
    一族の主が逝ったことを察したのだろうか。
    他のハム達にどんちーさんが逝ったことを伝える。
    うーふだけが外に出たがっていたので外に出し、どんちーさんと対面させる。どんちーさん亡き後の後継者はうーふなのだから。

    しばらくうーふを散歩させた後、どんちーさんの亡骸を愛妻のしぃ子さんのケースの近くに置き、ハム部屋を後にする。
    どんちーさんのケースに入れていたハムヒーターが通電していたままだった事に気付き、コンセントを抜いて取り外す。
    砂場が無くなり、布団が無くなり、ヒーターが無くなり、そして何よりも1年半の間そこに当然のようにあったシルバーグレイの毛並みを持つ彼の姿がなくなり。がらんとしたケースがとても広く見えた。

    ●03:30頃
     最後の夜は住み慣れたハム部屋、愛妻の近くで過ごさせてやろうかとも思ったが、最後に自分の我が儘を通し、寝室に連れてくる。
    ほんの一月前、りずを安置した場所にまたハムを安置する事になるとは思いもしなかった。
    そう言えばりずが逝ったのも月末。
    今日も月末。
    来月末も誰かが逝ってしまうのだろうか。
    奇妙なジンクスが起こらないことを切に祈る。

    寝ようとするが眠れない。
    眠る前にすることがあることに気付き、この記録を付け始める。

    ●04:58
     記録、終了。
    これまでで一番長い夜が明けようとしている。

    今日はおそらく仕事になるまい。
    用事だけで早めに切り上げ、埋葬の準備をしてやらねば。



    それにしても最後のキュウはどういう意味だったのだろうか。

    「さよならでしゅ…」?

    「ばかやろう、もっとながいきさせろでしゅ!」?

    「もうつかれたでしゅ…」?

    「ボクはがんばったでしゅよ…」?

    …それとも、「ありがとう」?

    いつかあの世とやらで再会出来たら聞いてみたいと思った。
    雑記 | 05:02:59| Trackback(0)| Comments(10)
    コメント
    はにゅ~るい様。 大変にお疲れさまでした。
    そしてどんちー様。 本当にお疲れさまでした。

    ・・・毎日、楽しく拝見させて頂いておりました。
    どんちー通信の、どんちー様の、密かな大ファンでした。
    残念で、残念で、残念で。。。

    どんちー様、安らかに。
    はにゅ~るい様の元で、とても幸せなハム生でしたね。
    「最後のキュウ」は、感謝の挨拶だったと思います。
    こちらからも、「ありがとう」。
    2005-11-30 水 06:39:59 | URL | 太郎と花子の父 [編集]
    おつかれさまでした。
    どんちーさん、はにゅ~るいさん、おつかれさまでした。
    ウチの子の最期も同じように呼吸困難だったので、
    側でみていたはにゅ~るいさんの苦しみ、とてもとてもよくわかります。
    そして、どんちーさんのがんばりも。
    本当におつかれさまでした。
    そんな状態でも最期の挨拶をしていくなんて、
    ホントにホントに、イケメンはむすたさんですね。
    どんちーさん、どうか安らかにお休みください。
    そして、ウチの子を始め、旅だったたくさんの仲間達によろしく。。
    2005-11-30 水 07:43:24 | URL | とい [編集]
    記録を読んで号泣がとまりません。私は泣き虫です。
    はにゅ~るいさんの深い愛がつたわり、そして私は果たして自分のハムちゃんに充分看病して見送ってやることが出来たのだろうかと再度思い始め、自分の部屋にある2ヶ月たってもまだ片付けられないケージを見て立ち直れていない自分を再確認しているような状態。
    こんな自分じゃ、イケメンどんちーしゃんにも、おちゃめハムたろうにもしっかりするでしゅよ!とお叱りを受けそうです。
    どうか、こんなに多くのステキなハムスターさんたちが、ハムスターランドで安らかに、楽しくおいしく暮らしてくれますように。
    できれば、お叱りでも何でも、お空から私たちに話しかけてくれますように。
    はにゅ~るいさん、我々のハムスタさんたちに、また会いたいねぇ。きっといつかまた会いたいねぇ。
    2005-11-30 水 09:15:50 | URL | kanno [編集]
    どんちーさん、はにゅ~るいさん、お疲れ様でした。
    私もどんちー一族の隠れ大ファンでした。
    どんちーさん、最後はちょっと辛かったけど、やさしいはにゅ~るいさんの手の中で旅立ててよかったね。いつまでも続くであろうどんちー一族の繁栄を空から見守っててくださいね。
    2005-11-30 水 09:49:59 | URL | Taku [編集]
    どんちーさん、はにゅ~るいさん、おつかれさまでした。
    はじめまして、デジ姉と申します。
    足跡も残さず、ずっとこそっとおじゃましておりました。

    お辛いなかで、しっかりと最後までどんちーさんと共にあり、その記録もきちんと残されるお気持ち、行動にに感銘を受けております。
    皆さんと同じように訃報を目にするたびに、いつかは来る自分の手元にいる愛ハムとの別れと重なり、胸がしめつけられる想いです。
    人間の時間では短いハム生ですがその時間の貴重さを受けとめ、たくさんの暖かさと元気を与えてくれるハムとの生活を大切にしていきたいとあらためて感じました。

    どんちーさん、どうぞ安らかに。。。
    はにゅ~るいさん、本当にお疲れさまでした。
    2005-11-30 水 10:47:11 | URL | デジ姉 [編集]
    どんちーさん、はにゅ~るいさん、お疲れさまでした。
    最後までどんちーさん頑張りましたよね。
    最期の挨拶もしっかりして…
    さすが、一族の大黒柱ハムさんですね。
    大きなクリクリのおめめのどんちーさんが大好きでした。
    その血をしっかり受け継いでいるうーくんや皆をきっと見守ってくれるでしょう。

    どんちーさん、安らかに…
    はにゅ~るいさんも今はゆっくりお休みください。
    2005-11-30 水 12:08:36 | URL | まっこー [編集]
    ありまりにも辛くて。
    はにゅ~るいさんがどんちーさんを愛する気持ちをお察しすると
    辛くて辛くて。
    でもどんちーさんはこの世に生を受け、与えられた時間がこの時間までだったと思うとよく頑張ったと思います。
    どんちーさんとはにゅ~るいさんの素敵な日々を
    ありがとうございます。m(__)m
    これからはどんちーさんの子供、孫達がはにゅ~るいさんを
    支えてくれると思います。
    お辛いと思いますどうぞ無理をせず沢山泣いて
    ゆっくりしてください。
    ご冥福を心よりお祈り致します。。。
    2005-11-30 水 12:44:18 | URL | pochi [編集]
    はにゅ~るいさん、お疲れ様でした。
    はにゅ~るいさんのお気持ちを考えると胸が詰まる思いがします。

    どんちーさん、すごく苦しいときにはにゅ~るいさんにずっとそばについていてもらって、きっと心強かったと思いますよ。
    はにゅ~るいさんと共に過ごして来た日々も、どんちーさんにとっても幸せなものだったに違いないと思います。
    だから最後の最後に「ありがとう」と挨拶をして旅立たれたのだと、そう思います。

    どんちーさん、どうぞ安らかに。
    そしてはにゅ~るいさんも、一日も早く心身ともに元気を取り戻されますように・・・。

    2005-11-30 水 15:17:44 | URL | kiko [編集]
    完全復活を願っていましたが…どんちーさん逝ってしまったのですね。
    自分ちの事だと強気でいられるのですが、よそ様の事となると弱気になって
    涙が溢れ来てしまいます。お辛い中、こうして記録を残してくれたお陰できっと参考になる方もいらっしゃるはず。
    どんちーさんの最後のキュウは、きっと、はにゅ~るいさんへの
    御礼の言葉だったのではないでしょうか?
    どんちーさん、どうぞ安らかに…。そしてお疲れ様。
    お空でオオタンに会ったら仲良くしてやって下さい。

    はにゅ~るいさん…ゆっくり休んで下さいね。
    2005-11-30 水 17:34:10 | URL | ちえ [編集]
    遅ればせながら、どんちーさんのご冥福心よりお祈り致します・・。

    まだ少し整理ついてなくて何を言っていいやら
    ただただ、胸が熱くなります。
    はにゅ~るいさん、どんちーさん、お疲れ様でした。
    本当に、今までありがとうどんちーさん!

    はにゅ~るいさんも、体調いかがですか?
    無理せず、早くお医者さまに見てもらえるといいですね。
    ごめんなさい、少し文脈も乱れまくって自分で
    何を言いたいのか。。。。
    落ち着いた頃またきます。
    2005-11-30 水 17:41:29 | URL | ぽぽまま [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。