■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    くーろん
    07042202.jpg


    2007年06月16日 00:35 くーろん(くぅ太) 永眠を確認

     短いながらも壮絶な闘病生活を終え、くぅ太は父や先祖の待つ天国へと旅立っていきました。

    実はくぅ太の病気が発覚した火曜日の夜、祖母が亡くなり、今回のくぅ太の闘病は通夜や葬儀の合間を縫っての通院、治療でした。
    本来であればずっと付いていてやりたい時期にそばにいれないもどかしさ。姿を見る度に衰弱していく事が判りながらも何も出来ない無力さ。
    そして何よりもまだまだ生きられたはずなのに、苦しんで逝ってしまったくぅ太の無念・・・。

    先週、くぅ太は一族の主ではない?と言う記事を書いたことすら、ひょっとしたらそれを気にしてくぅ太が体調を崩したのでは・・・などと考えてしまうような、そんな後悔ばかりが残る闘病でした。
     
     


     
     昨日の朝、再通院で抗生物質の投与を開始したので運が良ければ、そしてくぅ太の体力が保てば回復することも考えられる・・・と、一時は希望を持つことができました。
    ですが、火曜日頃から殆ど何も食べられていない、栄養剤だけで何とか持ちこたえていた体に体力が残っているはずもなく、昼頃にはもう水分すら受け付けることができない状況に陥ってしまいました。

    夕刻からは顔の腫れが痛いのか時折鳴き叫びながら転がり回るような苦しみぶりで、何もしてやれない無力さを強く感じました。転がり回るくぅ太を見る度に、安楽死という言葉が脳裏をよぎりました。
    22時半頃、少し容態が落ち着いたのか浅い息でくぅ太が眠ったことを確認し自分も仮眠したのですが・・・日付が変わった頃に様子を見に行くと既に息を引き取った後で体は冷たくなり始めていました。
    おそらく仮眠した直後、23時頃には亡くなったのだと思います。


    看取ってやれなかったことは心残りですが、正直、もうくぅ太が苦しまなくても良い事に安堵しました。最後に見かけた姿のまま逝っていたので、最後の瞬間はそう苦しまずに逝ったのだろうと思います。


    今回、発症のタイミング、病院の休院日等様々な要素が全て悪いタイミングで重なってしまいました。
    あと1日発症が早ければ、あるいはもっと良く様子を見て通院したり、調子が悪くなり始めた日に病院へ駆け込んだりすることも出来たというのに。
    あるいは葬儀と重ならなければもっとちゃんと看病してやることができたのに。

    そんな「もし」ばかりが思い浮かびます。

    1歳8ヶ月までもう少し、と言う時期はちょうどどんちーさんが亡くなった時と同じ頃です。もう若いハムとは言えませんが、それでも逝くにはまだまだ若いハムだというのに。
    今回のタイミングの悪さがくぅ太の寿命だったのだとしたら・・・あまりにも可哀想な運命を呪いたくなります。

    いつもなら逝ったハムを贈る言葉は感謝の言葉ですが、今回は感謝の言葉だけで送るのは難しいようです。


    くぅ太、これまでありがとう。
    そして、ごめんな・・・。
    ふがいないお世話係を許してはくれないと思うけれど、ただくぅ太の事を愛していたことだけは覚えておいておくれ・・・。
    雑記 | 01:22:03| Trackback(0)| Comments(7)
    コメント
    つらい最期でしたね・・・。
    それでもおばあさまのこともあって、はにゅ~るいさんも大変だったと思います。
    あまりの急変で、あっという間だったので、私も呆然としてしまっております。
    すぐよくなる・・・。そう思っていたのに。

    そちらもだと思いますが、今朝は雲ひとつない快晴。
    どんちーさんが天に召された時と一緒ですね。
    きっと、一族総出でお迎えに来ていると思いますよ。

    思わず、写真を撮って、記事にアップしてしまいました。
    くぅ太君に送ります。
    http://blogs.dion.ne.jp/ruku_an_ciel_purin_purun/archives/5763340.html#more

    ご冥福をお祈りいたします。
    2007-06-16 土 05:59:28 | URL | Sacchan [編集]
    この数日のどんよりした空から、一転の青空。
    この青空に吸い込まれるように逝ったくぅ太君。
    ご冥福をお祈りいたします。。
    2007-06-16 土 07:11:50 | URL | まゆき [編集]
    今週に入ってからのくぅ太くんのご様子、毎日気になっていました。
    元気になるものだと信じていたのですが・・・。

    くぅ太くん、お疲れ様でした。安らかにお休み下さい。
    そしてはにゅ~るいさん、お疲れ様でした。
    2007-06-16 土 07:53:18 | URL | 太郎と花子の父 [編集]
    はにゅ~るい様

    くぅ太くんの訃報に驚き、お伺いしました。
    私はSacchanさんのもーふの子供ちびの飼い主です。
    くぅ太くんは私どものちびにとって大叔父様にあたると思いますが、一家のどなたより、うちのちびに似ていると思っていました。
    私も心さびしく思っております。
    くぅ太くんは、はにゅ~るいさんのところで幸せだったと思います。
    どうぞあまりお気を落とされませんよう。
    くぅ太くんのご冥福をお祈りいたします。
    2007-06-16 土 11:19:22 | URL | ちびた [編集]
    病の苦しみから解放されたくぅ太君の魂が
    天国で安らかでありますように…
    はにゅ~るいさんもどうぞ、お疲れと悲しみから
    体調を崩されませんように…
    くぅ太君のご冥福をお祈りいたします。
    2007-06-16 土 22:02:49 | URL | ブライアン [編集]
    はにゅ~るいさん
    どうぞあまりご自分を責めないで下さいね
    くぅ太くんははにゅ~るいさんのことが大好きでしたよ
    一緒に過ごせた時間楽しかったと思います
    だから後悔することはあると思いますが、
    ちゃんとくぅ太くんは分かっていますよ
    くぅ太くんのご冥福を心からお祈り致します
    2007-06-17 日 01:07:15 | URL | pochi [編集]
     くぅ太くんの訃報に驚きました。しばらくブログ廻ができてい
    なかったものですから、急な出来事のように感じられて…。
      ハムスターはなかなか悪いところを見せない動物だといわれ
    ますが、くぅ太くんは大好きなはにゅ~るいさんに心配をかけた
    くなかったんだと思います。最期の夜もきっとはにゅ~るいさん
    が休んだのを感じ取って安心して旅立ったのではないかと思いた
    いです。
     元気を出してください、というのは無理な事かもしれませんが
    本当にゆっくり休んでご自身のお体を労わってあげてください。
     くぅ太くんのご冥福を心からお祈りします。
    2007-06-18 月 17:11:58 | URL | アキ [編集]
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。