■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ブログの存在意義と視力矯正手術
     根っからの文系人間である自分は聞きかじっただけなのであるが、世の中には波動関数と呼ばれる理論が存在するらしい。曰く、世界は確定された存在ではなく、我々が認知・観測することで収斂し物体となって存在する…とかなんとか。

    波動関数については有名な「死んでいると同時に生きている猫」(=シュレーディンガーの猫)の話のような興味深いネタもあるのだが、今日これを書いたのは猫の運命や動物愛護についてではない。
    つまり何が言いたいかと言うと、大げさな話ではなくてこのブログも誰かに認知・観測されて初めて存在するのだろうと言うことだ。つまり、誰かが読んでくれないとこの文章は存在しないのと同じ、と。

     さて、ではどうやればこのブログを存在させる事ができるかと言うと…これはひとえに内容次第だろう。もちろん誰にも教えていなければだれもここへ到達できないのは当然だが、誰かにこのブログの事を教えた所で今のところ何も読ませるべき内容が無い。
    内容が無いよう~などという寒いギャグが通じるのは保育園児ぐらいまでであって、日々ブログを読みあさる目の肥えた読者諸氏にはそれなりのコンテンツを提供しなければイカンと考えた。

    しかし平々凡々な人間(かどうかは人によって判断が分かれるらしいが)である自分としては、日々の事柄を綴ってもさほどおもしろみが無いのではないか?と思う訳だ。
    もちろん、そう言った日々の事柄をさもおもしろおかしく書ける物書きとしての才能を持った人々も多く存在するが、不幸にして自分はその中に含まれてはいない…と思う。

     では自分が何か語ることは…と考えると、丁度1ヶ月前にあまり多数の人が経験していないであろう事柄を経験していた事に思い当たった。
    実は…と告白する事でもないが、3月末に近視の矯正手術を受けたのだ。
    もちろん矯正手術を受けた人の体験記はネットでも複数掲載されているが、幸運な?事に自分が受けた手術は一番メジャーなLASIKと呼ばれる手術ではなく、PRK、それも余所では名前すら見かけないフレックスPRKと呼ばれる手術だったのだ。
    (参考までに、Googleで検索してもフレックスPRKと言う言葉でヒットするのは手術を受けたその病院のみである。)

    これはネタになるに違いない。
    …まぁ、自分の手術の事をネタにするのはどうかとも思うが、世の中にはフレックスPRKを勧められてどうしたものかと悩んでいる人もきっといるに違いない。
    そう言う人の一助になれば…そう自分を納得させた。
    当初のブログの存在がどうとかと言う思考とは微妙に方向性が違うような気もするが、まぁ気にしない事にしよう。


     と言うことで、次回からしばらく(と言っても3~4回だと思うが)は日常的な雑記と平行して視力矯正手術について書いてみようと思う。
    猫と動物愛護についてはそのうち機会があれば。

    視力矯正 | 07:48:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。