■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    フレックスPRKの話 その1
     自分のことはせっかちな人間だと思っていたが、こうやって文章を綴ってみると我ながら朝礼の時の校長先生並(笑)に話が長い事に気が付いた。まぁ仕事が「文章は長く難解である程評価が高い業界」なので職業病だと思って諦めるしかないか…。

    さて、ではようやく肝心の手術の内容に入ることにしよう。

    今回受けた手術は先日も書いたとおり「フレックスPRK」と呼ばれるあまり一般的ではない視力矯正手術だ。医者ではないので学術的かつ専門的な違いがこう、とは言えないのだがレーザーによる矯正である事には違いないのだが、通常のPRKよりも少し進化した手術…らしい。

     現在主流のLASIKはレンズを削る際に邪魔な角膜をカンナ(かレーザーカンナ)で薄くカットしてめくり(フラップと呼ばれる)、レーザーでレンズを削った後にフラップを戻して完成、と言う手法だ。眼科サイトに行けば画像付きでいくらでも解説しているので詳細は省く。
    これに大してPRK系の手術はフラップを作らずに角膜上皮から問答無用でレーザー照射、あるいはブラシで擦って(!!)上皮除去をした上でレーザー照射を行う。(フレックスPRKはどうやらレーザーの一時照射で上皮を除去していたようだ。)
    つまりフラップの様な小手先の技無しでガシガシ行く、実に漢らしい手術法である。

     二つの手術の大きな違いは角膜上皮の扱いで、当然の事ながらカットして戻すLASIKの方が回復が早く、ガシガシ削ったりするPRKは角膜の細胞が再生するまでに時間が掛かる点だ。PRKは時間が掛かるだけではなくて、上皮を除去している訳だから、おまけに猛烈に痛い。(LASIKはさほど痛くないらしい)
    と言うことで、一般的にはLASIKが手術のスタンダードでPRK系はあくまでも補助手段だと位置づける医師が多いらしい。まぁ、手術を受ける側からしても「痛くなくて短期回復するのと、痛くて回復に時間が掛かるの、どっちを選ぶ?」と言われたら当然前者を選ぶ訳だが…。

    では何故そう言う面倒で痛い手術を受ける事になったのか。
    LASIKは角膜厚が薄い人には適用できないらしいが、角膜厚は十分だったので問題は無かったのだが、実は初回検診の時に思っても見なかった眼病を指摘されたのだ。
    病名は緑内障。眼圧が高くなり、放置しておくと確実に失明するヘビーな病気だ。
    それまでは意識していなかったのだが、視野検査の後に意識して自分でチェックすると確かに視野の狭窄が始まっており、中心部分も一部見えにくくなっている事に気付いて愕然としたものだが、まぁそれは今回の事とは直接は関係がないのでおいておこう。

    で、LASIKで視力矯正を行う場合、フラップを作成する際に目を吸引してカンナでカットするらしいのだが、この吸引時に一時的に眼圧が通常の4~5倍になるらしい。
    ただでさえ眼圧の高い目に負荷の掛かる吸引は無理、と言う医師の判断でLASIKを断念し、PRK系の手術を受けることになったのだった。

     しかし個人的にはPRKで良かったと思う。
    それはフラップを作成することに若干(いやかなり)抵抗を感じていたからだ。
    目に刃物を入れる事に対する生理的嫌悪と言っても良い。レーザーなら良いのか、と言われるとそれは微妙だが…ともあれ、刃物はイヤだ。
    おまけにLASIKでのフラップ接合面は綺麗にくっつかない事も多く、目を擦るとフラップがちぎれて角膜露出になる事があると言う話や、フラップの影響で夜間視力が低下すると言う話も聞いていたので、ならいっそ痛くてもいいから後々問題の残らないらしいPRK系で行こう、と決心した訳だ。


    さて、では実際の手術の模様は…と言うとこれまた長くなりそうなので、続きは次回と言うことで。

    視力矯正 | 18:08:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。