■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    フレックスPRK 手術翌日からのお話
     さて、ではフレックスPRK手術を受けた後の苦労話(?)である。
    先日のブログにも書いたとおり、術後の痛みを殆ど感じ無かったためおそらく他の人よりもラッキーな状態ではあったが、痛くないとはいえ角膜上皮が削り取られている事には間違いないので目の調子はイマイチな日がしばらく続いた。

    具体的にどうイマイチなのかというと次のような点でイマイチだった訳だ。

    ・目を開けると涙がこぼれて仕方がない
     おそらく、普通の場合はこれは眼が痛いと言う状態なのだろう。
    痛みを感じないとは言え、角膜保護のために涙が止めどなく溢れ続けていた。
    当然の事ながら眼を開けていると涙がこぼれ続けるため眼を開ける事が出来なかった。

    ・視力が安定しない
     涙がこぼれている状態で視力もへったくれも無いが、ともかく視力が日によって時間によってコロコロ変動していた。
    兆時間目を開けていると徐々に視力が低下していき、20分ほど眼を閉じていると一番よく見える状態に戻ると言うなんだか良く分からない回復パターンがしばらく続いていた。

    ・近くが見えない
     一番困ったのはこの点。
    近く(眼から約30cm以内の範囲)にピントが合わないので近くの物がさっぱり見えない。レンズを削ったことにより一時的な遠視(老眼?)状態になってしまったためだが、この事が生活に多大な影響を及ぼした。
    前回のブログで謎にしていた2つの点だ。

    まず、買いだめした食料の調理法が読めない。
    食べ慣れた食品であれば今更調理法を確認する必要も無いが、うかつにも初めての食品を飼ってしまっていたので炒めるのか煮るのかレンジで温めるのかすら読みとれず、結局その食品(インスタントのパスタ)は視力が回復するまで食べられなかった。

    食料はまぁお笑い話ですむが、笑い話にならないのが薬品の使用説明が読めなかった事だろう。眼科で薬を飲むタイミングや効果が書かれた紙をもらっていたのだが、その時が読めない。
    色や形は判るのだが文字が認識できず、結局手術日に聞いたうろ覚えの話を元に薬を服用したのだが…まぁ、結果的に用法は間違っていなかったのだが、麻酔点眼は使い方を間違えると視力回復が遅くなるので用法を間違っていない事が確認出来た時にはほっとしたものだ。

    この近くが見えない状態は手術後1週間ほど継続した。手術の説明時には「手術後2、3日は仕事を休むことになります」と言う話だったが、近くが見えない状態では仕事など出来るわけも無いので、最悪の場合手術後1週間程度は仕事を休めるゆとりは必要だろう。

    と言うことで上記のようなイマイチ状態が手術翌日からしばらく続くこととなった。
    一番早く収まったのは涙で術後4日ほどで大量流出は収まったが、視力が安定したのは術後10日程経過した頃、近距離視力については術後2週間ほど経過した時点でやっと日常生活に支障を来さない程度の回復であった。

    少々とりとめない書き方だが、とりあえず術後しばらくの問題点は以上のような感じである。

    視力矯正 | 20:53:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。