■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    Made in ...?
     米国で発生したBSEの影響でアメリカ産牛肉とそれを用いた食品が日本に輸入されなくなって早半年。牛丼に代表される外食産業に与えた影響は非常に大きく、また安価なアメリカ牛の供給が絶たれたことは一般の食卓にも大きな影響を与えている。

    が、個人的にはさほどBSEの影響というモノを意識した事はなかった。確かに吉野家の牛丼が食べられないのは一人暮らし男としてはかなり手痛いが、豚丼が想像以上に美味であったため「もう牛丼が無くてもいいや」と思うこともしばしばである事だし。
    つい先日までは豚丼で万事解決、と思っていたのだが。

    実は一つ非常に重要な事を見落としていたのだ。
    アメリカ産牛肉が輸入できない、と言うことはそれを用いた加工品ももちろんNGと言うことを。

    牛肉を用いた加工品。すなわち、ビーフジャーキー。
    愛犬の皆様方の健康をお守りするヘルシージャーキーではない。まぁ、確かに見た目も臭いも(ついでに材料も)同じようなものだが、れっきとした人間様用の食品である。主にアメリカの土産だったり飲み屋…と言うよりバーやスナックの高級おつまみだったりするアレだ。
    もちろん国産牛を使ったビーフジャーキーも多数製造されており、現にスーパー等の珍味コーナーではそれらが今も販売されている。

    だが、国産牛ではイカンのだ。

    個人的に食に対するこだわりは薄いのだが、ジャーキーだけはどうしても譲れないこだわりがある。それが「テング印のビーフジャーキー(しかもHot Peppered/Medium chunk)」だ。コレを食べると他のジャーキーはもう食べれない。酒飲みでなくてもウマーと絶叫すること間違い無しの一品だ。

    しかしここで重大問題発生である。
    「テング印」なのに実はこれ、Made in USA なのだ。
    つまり、牛肉輸入禁止制限に引っかかっる製品だったのだ…。

    この事に初めて気付いたのが今年の3月頃。すでに吉野家の店頭から牛丼が消えて、その事が話題にすら上らなくなった時期だ。それまでも「最近はテング印のジャーキー売ってないなぁ」とは思っていたのだが、まさか輸入禁止になっているとは。

    で、無いとなると無性に食べたくなるのが人間の性である。
    無駄を承知でコレまでにテング印を見かけた店、特に輸入食材の店をイロイロと回ってみた。
    ジャーキー自体の取り扱いを止めている店もあったが、何件かジャーキーを扱っている店があった。しかし、売られているのは安全とされるオージー牛のジャーキーでテング印ではない…。ひょっとしたらオージーのジャーキーもそれなりに旨いのかもしれないが、今食べたいのはテング印のジャーキーだ。
    だが、結局テング印のジャーキーを見つけることは出来ず、牛丼と同じくジャーキーもまた輸入禁止措置が解除されるまでは食べられない幻の一品となるハメに…。


    …と長期戦を覚悟していたのだが、実は一昨日、秋葉原駅ビル2Fの輸入食品店の前をふらっと通りがかるとなんと店の前にジャーキーが山積みされている!しかも、夢にまで見た(と言うのは大げさだが)赤いテング印のパッケージ!

    速攻で二袋ほど掴んでレジへ直行…しかけて、ふと気になった。ホントにテング印なのか?デンク印とかのパチモンじゃないのか?
    まじまじとパッケージを見ると、確かにテング印である。だが、一点違うところが。

    パッケージ下部に印刷された PRODUCT OF ARGENTINA の文字。
    アルゼンチン製…?
    なるほど、USA製で無ければOK、迂回輸入と言うことか。(違)
    その時はそう納得して二袋を購入したのであった。

    で、結果としてどうだったかと言うと…満足度55%。
    まずHot PepperedでもMedium chunkでも無いので各-10Point。
    それはまぁ予想範囲内なのだが…味が違う。と言うより乾燥具合が甘い。
    これじゃあ乾し肉じゃなくて、半湿り肉ではないか。
    乾燥しきったあの食感こそテング印の醍醐味なのに!と言うことで-25Point。
    テング印の味ではあるのだけれども、微妙に合格ラインに到達しないジャーキーなのであった。

    と言うことで、せっかくの珍品なのでパッケージを開けて自然乾燥してから食べることで手を打とうと決心したのだが…さて、乾燥するまで残ってるかどうかは謎である。

    でもアルゼンチン製の牛製品って…輸入していいのかねぇ?

    雑記 | 11:47:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。