■PROFILE

はにゅ~るい

  • author: はにゅ~るい
  • どんちーさん:知的イケメンカムスタ(天使ハム)
    はにゅ~るい:永遠にその手下
  • RSS
  • ■RECENT ENTRIES
    ■CATEGORY
    ■ARCHIVES
  • 2015年08月 (1)
  • 2015年07月 (4)
  • 2015年06月 (24)
  • 2015年05月 (3)
  • 2014年05月 (1)
  • 2014年03月 (8)
  • 2014年02月 (6)
  • 2014年01月 (1)
  • 2013年08月 (2)
  • 2013年07月 (2)
  • 2013年03月 (6)
  • 2013年01月 (1)
  • 2012年10月 (4)
  • 2012年09月 (1)
  • 2012年08月 (6)
  • 2012年06月 (1)
  • 2012年04月 (1)
  • 2012年03月 (2)
  • 2012年02月 (3)
  • 2012年01月 (2)
  • 2011年12月 (1)
  • 2011年11月 (2)
  • 2011年09月 (2)
  • 2011年08月 (5)
  • 2011年06月 (3)
  • 2011年05月 (15)
  • 2011年04月 (39)
  • 2011年03月 (14)
  • 2011年01月 (2)
  • 2010年12月 (5)
  • 2010年11月 (1)
  • 2010年08月 (1)
  • 2010年07月 (6)
  • 2010年06月 (12)
  • 2010年05月 (2)
  • 2010年04月 (3)
  • 2010年03月 (6)
  • 2010年01月 (1)
  • 2009年08月 (2)
  • 2009年04月 (6)
  • 2009年01月 (1)
  • 2008年12月 (1)
  • 2008年11月 (1)
  • 2008年10月 (1)
  • 2008年08月 (1)
  • 2008年07月 (2)
  • 2008年06月 (2)
  • 2008年05月 (4)
  • 2008年04月 (6)
  • 2008年03月 (1)
  • 2008年01月 (6)
  • 2007年12月 (1)
  • 2007年10月 (1)
  • 2007年09月 (6)
  • 2007年08月 (1)
  • 2007年07月 (3)
  • 2007年06月 (10)
  • 2007年05月 (1)
  • 2007年04月 (3)
  • 2007年03月 (6)
  • 2007年02月 (7)
  • 2007年01月 (2)
  • 2006年12月 (3)
  • 2006年11月 (1)
  • 2006年10月 (7)
  • 2006年09月 (12)
  • 2006年08月 (17)
  • 2006年07月 (27)
  • 2006年06月 (30)
  • 2006年05月 (34)
  • 2006年04月 (33)
  • 2006年03月 (28)
  • 2006年02月 (28)
  • 2006年01月 (37)
  • 2005年12月 (32)
  • 2005年11月 (39)
  • 2005年10月 (63)
  • 2005年09月 (34)
  • 2005年08月 (25)
  • 2005年07月 (38)
  • 2005年06月 (35)
  • 2005年05月 (33)
  • 2005年04月 (47)
  • 2005年03月 (34)
  • 2005年02月 (36)
  • 2005年01月 (35)
  • 2004年12月 (37)
  • 2004年11月 (47)
  • 2004年10月 (44)
  • 2004年09月 (46)
  • 2004年08月 (35)
  • 2004年07月 (71)
  • 2004年06月 (134)
  • 2004年05月 (35)
  • 2004年04月 (6)
  • ■RECENT COMMENTS
    ■RECENT TRACKBACKS
    ■LINKS
    ■ハムスターブログ更新情報
    スポンサーサイト
    上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
    新しい記事を書く事で広告が消せます。


    スポンサー広告 | --:--:--| Trackback(-)| Comments(-)
    ペンは剣よりも・・・
    ジャーナリストよ、奮闘せよ。たとえ守られることなくとも。

     長崎の事件についてコメントをyodaway2さんから頂いた。ジャーナリズムに関連する話題・・・と言うことで橋田さんの事についても少し書いておこうと思う。

    実は襲撃事件の一報が合ったときから橋田さんの事ついては一度触れたい・・・と考えていたのだが、あまりにもこのブログの雰囲気とそぐわない為ボツにした経緯がある。だが、折角こういう話題について触れる機会があった事だし、封印していた記事を投稿してみる事にする。

    ******

    「ペンは剣よりも強し」と言う言葉がある。200年ほど前の戯曲「リシュリュー」の一節であるこの言葉は様々な場面で引用されてきたが、これを現代版に改訂するとすれば「カメラは銃よりも強し」と言うところだろうか。この言葉が引用される場面は多々あれど、最もこの言葉を強く意識する職業はと言えばやはりジャーナリストと言うことになるだろう。

     事実、戦場ジャーナリストである橋田さんが世に放った数々のスクープは一丁の銃よりも遙かに大きな衝撃を我々に伝えてくれた。ニュースを読むリポーターは現場に立つ必要は無いが、カメラマンはそうではない。戦争の悲惨さや、戦場で暮らす人々の生活と言った事柄は実際にその場に立って、自らの目でそれを確認しなければならないが、だからこそ橋田さん達戦場ジャーナリストの人達の伝える事には真実があったのだと思う。

    そして生々しい映像はその場に立つことが出来ない我々の目の代わりとなって、現実という物を教えてくれた。そして少なからず世論を動かし、また世の中に影響を及ぼしていたのだろう。

    それは銃を持ってしても、剣を持ってしても、不可能なことだと思う。
    まさにペンは剣より強く、カメラは銃よりも強いのだ。

     しかし銃よりも強いはずのカメラは残念なことにその持ち手を守ってはくれなかった。だが、死してなお彼の人が遺した、焼けこげたカメラはイラクの現状、そして紛争の無意味さを教えてくれる。

    残念ながら日本人は非常に忘れやすい人種だと言われている。どんなに衝撃的な事件が起こっても、それが直接自分の身に関係なければ一月と立たずにその記憶を風化させてしまうだろう。もちろん、その「日本人」には自分自身も含まれるわけだが。
    だから、この忘れてはいけない教えを少しでも記憶に留めるために、そしてネットの海に少しでも波紋を残すために、このブログで橋田さんのことを書く事にする。

    ペンが剣よりも強いことを信じて。

    ******

    雑記 | 18:16:00| Trackback(0)| Comments(0)
    コメント
    コメントの投稿
    管理者にだけ表示を許可する

    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。